人間が生きていく上では、収入を得る必要があります。普段からいざというときのための貯蓄をしておかなければ、お金を借りなければならないという状況に陥ることもあります。
たとえば保険に加入していないために、急な病気によって入院したり手術したりするといったときに、まとまった出費が必要になることもあります。
また、自然災害などによって被害に遭った場合の修復や事故などといったように、さまざまな出費が急に発生することもあります。
お金を借りる必要がある場合に、まず相談する相手は親にすることがもっとも良いでしょう。困ったときにまず頼る先は、親兄弟がいちばんです。もちろん、しっかり返済しなければなりません。
世の中には、家庭が裕福でおこずかいのようにしてくれるという場合もありますが、お金のことに関しては曖昧にしないことが大切です。当然、親からお金を借りる状況にはならないということが理想的ですが、どうしても必要なときには親を頼ると良いでしょう。
親から援助してもらうことが多い場面としては、自宅を新築する場合が多くなっています。新築ですとローンを組むにしても、ほとんどの場合でまとまった頭金が必要になります。
お金をもらってしまうと贈与の対象になりますが、収入に応じた返済計画を組んで定期的に返済すれば、貸与ということになり税金が発生することもありません。親から借りることには抵抗がある人もいるものですが、まず無利子で貸してくれるはずです。

関連記事

コメントは受け付けていません。.