プロミスとバンクイック、それぞれのカードローンのメリットはどんな点があげられるでしょうか。どちらも人気で大手のカードローンですが、ないようは大きく違います。
まずバンクイックは三菱東京UFJ銀行カードローン、銀行が主体のカードローンになります。ですから貸金業法に定められる総量規制の影響を受けませんから年収による借入額の制限を受けませんので最高500万円までの融資限度額で融資を受けることが可能です。実際、利用者のクチコミをみても自身の年収の2分の1程度の融資を受けられたという人の声はすくなくないようです。また、金利も4.6%〜14.6%と消費者金融のそれと比較するとかなりの低金利です。
対して、プロミスのほうはどんなメリットがあるのか、というと、やはり30日間無利息サービスという他にあまりないサービスを持つことでしょうか。カードローン会社は数多くあれど、無利息サービスを提供しているところは数えるほどしかありません。一定期間キャンペーンでやっているところなどはありますが、継続してこのサービスをしているというのはやはりプロミスのメリットデはないでしょうか。無利息期間はいくら低金利な銀行カードローンといえど利息額では太刀打ちできません。
どちらも即日融資可能ということですので融資のスピーディーさに関しては両者そこまで差がないといえるかもしれませんが、長い目で利用を続けていくのであれば、やはり低金利の銀行カードローンであるバンクイックに軍配が上がるのではないでしょうか。一方はじめて利用する、もうカードローンを利用することはそんなにないだろうという人の場合にはプロミスで無利息サービスを受けたほうがメリットが高そうです。

関連記事

コメントは受け付けていません。.